風俗求人に気を付けろ

風俗店で働く場合ネットで求人広告を見る人がほとんどだと思いますが他にも紙媒体で求人募集を行っている店も多いです。大きな風俗街や主要な駅で冊子を配布していることがありそれを見ても非常に参考になります。ネットでは得られない情報だったりネットとは違う情報が載っていたりするのでできたら目を通してみることをお勧めします。

ネットの方が最新情報が載っていると思われがちですが、ホームページの更新はこまめに行っていない店がある反面紙媒体だと旬な情報を取り入れているので情報が古いということはありません。

その他ごくまれにスカウトなんて形で風俗店に入る女性もいます。しかしこれに関しては気を付けてください。お店までついていってAVの話を切り出される女性がいたり、風俗店ではある者の路上で聞いた話とは全く別で強引にその店で働くよう契約させられたりなんて言う話も聞いたことがあります。

必ず身元の分かるところで求人募集を行っている店で働くようにして少しでも危険だと思ったら関わらないようにしてください。一番いいのは路上などで声を掛けられてスカウトされた場合はついていかないのがいいでしょう。スカウトされるくらいだったら他の店でも働けるんだということを頭に入れておいてください。

風俗求人を見よう

風俗嬢になりたいと思う人はほぼ100%の確率で風俗求人に目を通すことだと思います。そして多くの女性がより高い店で働きたいと思っていることでしょう。しかし見なければいけないのは給与面だけではありません。その他にも見なければいけない点があります。むしろ下記で挙げる要素の方が給与より重要になってくるので頭に入れておいてください。

まず一番重要なのが勤務体系についてです。給与が高くても週6入らなければいけない、とあったり一回に4時間は入らなければいけないといった条件があった場合副業で働こうと思っていたり、主婦の方が働こうとしたりした場合無理が生じてきてしまいます。自分に合った勤務体系で働けかつ融通の利く店を選んで働くようにしましょう。

次にプレイ内容です。例えばSMまではいかないものの、男性を攻めたり男性から攻められたリするのがコンセプトのお店の場合ノーマルプレイしかできない、あるいはしたくないと思う女性にとっては合わないなと思ってしまうことでしょう。他に基本プレイを見て自分に合った店働き続けることができる店を探してください。

もう一つ大きな要素としてインセンティブや待機時の料金についてです。デリヘル店では歩合制をうたっているお店がほとんどですがごくまれに待機時間についても料金が発生するお店もあります。またオプション料金に対して全額くれるところもあれば折半のところもあります。自分が一番有利に稼げそうなお店で働くようにするといいでしょう。